ベトナム・ハノイでめちゃ美味い超コッテリの本格油そばが食べられるの知ってた??「らーめん喰龍(ハロン)」

グルメ

ハノイでホンモノの油そばが食べられる!?

 

※僕は油そば二郎系ラーメンめちゃくちゃ大好きです。それを前提にして読んでくださいね。

あなたは知っているだろうか。

ハノイで油そばを食べられることを。

それもホンモノの油そばです。

ベトナムにずっと住んでいる人は、飽きてきませんか?

ベトナムのあっさりした料理。ヌクマム(魚醤)の味。香草の匂いに。。。

なんかね、ベトナムの料理って同じような味ばっかなんですよ。

人生は食です。やはり美味いものを食べる人生こそ豊かです。

そして、ベトナムでベトナム料理ばっか食べてたらやっぱり物足りません

そんな僕たち在住者の嘆きを救う救世主のような料理。それこそが油そば。

あのコッテリして、濃くて、喉が乾きまくるあの味。僕たちにはあの味が必要なのです。

そして、僕たちが求める最高の油そばを提供してくれる店がハノイにはあるのです。

この店のおかげで、僕たちはハノイで生きられていると言っても過言ではない。

それが「らーめん喰龍(はろん)」です。

実はこの店は、ハノイ在住者の間では超有名です。

でも、その油そばの魅力はまだあまり知られていないように感じます。

僕は声を大にして言いたい。この店の一番の魅力は「油そば」だということを!!!

だから、僕はこのラーメン屋の油そばを紹介する記事を書くのです。どうぞご覧ください。

ただし、この記事を見る人は注意してください。この記事を見たら、油そばを食べたくて仕方なくなってしまいます。

ハノイ在住の人は喰龍に行けばいいですけど、間違っても近所に油そば屋がない人は見ないようにしてくださいね。

禁断症状が現れてしまいますよ。。。

さっそく命の油そばを食べに行く

さあ、僕たちの命をつなぐ油そばを食べに行きましょう。

ちょっと場所がわかりにくいところにあるので、少し道案内します。

まず、場所はここです。

日本人街キンマーの近く、リンランの通りにあります。

喰龍はこの薄暗い細い道にあります。

Vinmartが目印かな。

Vinmartのちょっと手前、怪しいVIP Massageの前の細い路地を奥へ進むと、その店はあります。

細い路地はこんな感じです。

この右手に見えるのが、油そばの聖地「喰龍」です。

ドン!!!!

ついに到着!らーめん喰龍です!!

店内のホールスタッフは日本語ができるベトナム人ばかりなので、安心してください。

漫画や日本の雑誌も置いてあるので、1人で来ても楽しめると思います。

店内はこんな感じで、ちょっとバーっぽい感じ??

昼は座敷の部屋も使うことができます。

カウンターのような席もあるので、1人でも入りやすいです。大人数で来た場合は、大人数用のテーブルも準備されてますよ!

つまり、誰とでも、何人でもこれちゃうのです。

油そばは万人を受け入れているのです!!

ちなみに客は日本人ばかりです。この店に行けば絶対に駐在のおっさんはいます。

100%います。

ベトナム人はほとんど見たことないですね。

メニューはこんな感じのベトナム語と英語のメニュー。

お客はほとんど日本人なのに、なぜか日本語のメニューがないのかは謎すぎる。作ればいいのに、、

このメニューが裏表あるんですが、なぜこんなにメニューの種類多いのかも謎。

油そばだけ売ってりゃいいのに。

(まあ、ここの豚骨ラーメンも普通に美味しかったですよ。油そばの足元にも及ばないけど。)

こんな感じで居酒屋メニューも実は充実してます。

おつまみも美味しいらしいので、軽く一人でしっぽり飲むのにいいかもしれませんね。

晩酌セットなんかは僕の友達のオススメです。

ついに油そばを食べるんや!!!

まあ、メニューの写真色々とって、紹介したわけやけど、実はそんな必要全くないんです!!

だって、メニューなど見る必要がないからね!

みんなも見なくていいよ。ただ、店に入ってこう叫べばいい。

「油そば大盛りで!!!!」

これでいいんです。

5〜10分待ったら出て来ます。僕たちの油そばが。

ドーーーン!!!

ついに出て来た!夢の油そば!!

ぶっちゃけこの段階ではあまり美味しそうだとは思わないけどね!

卵と白飯は無料で付いて来ます。

もしなかったら、出してくださいってお願いしたらもらえるでしょう。

油そばが出て来たらすることは一つです。

混ぜるんだ。

混ぜて混ぜて、混ぜまくったらこうなります。

油そばって、ほんまに見た目全然ダメですよね。

ちなみに、この段階で卵は入れちゃダメですよ。あれは残り3分の1くらいで入れるものです。

と、こんな感じで油そばさんは見た目はアレですけど、匂いはすでに僕の食欲をビンビンに刺激しております。

というわけで、写真撮ってるのも腹立たしいくらい食欲が盛り上がって来たので、食べます!!

わーお!!!いただきます!!!!!!

食べた瞬間、口の中に広がる凝縮された旨こってり

肉や野菜、極太麺、様々な食感のクインテット!!

まさに、パンチ力最強のディープインパクトが口の中を駆け巡ります。

これぞ、油そばのG1賞か!!

うまい。こってり。うまい。こってり。ああああああ、こってり。

て感じです。

これですよこれ。僕たちはこれを求めていたんですよ。

このアホみたいに濃い味がベトナムではないんですよ。ああああ、喉乾いてきた。

この喉の乾きこそ、、、快感!!!

この油そば、卵も入れたら結構スープが残っちゃいます。

まさか、これを捨てる人はいないですよね?

そんな人は、もう喰龍に来ないでください

こっから、こうするんだよおおおおおおお!!

そして、混ぜて混ぜて混ぜまくるんや!!

麺を混ぜた時の興奮を思い出せ

これからまた新しい美味いものが食べられるんだと思ったら興奮してくるでしょう。そうでしょう。

ドーーーン!!!

油飯の完成!!

これがまた見た目は最悪だけど、美味いんだよね。。。

まず、濃厚でこってりのスープがご飯にめっちゃ合う。

そこに多めに残ったたまごのおかげで、マイルドさが醸し出される

ああ、たまらん。これはね。たまらん。

これが油の幸せ

完食!!!

最高です。満たされました。

お腹もいっぱい。そして胸もいっぱい。胸焼けもいっぱい

すんごい気持ち悪いです。

こってりしたものをここまで食べたら気持ち悪くなるのは当然

でも、この気持ち悪くなるところまでが油そばです。

食べた直後は、「おえ〜、もう1ヶ月はいらんわ」って思うんですけど、

3日くらいしたら、また食べたくなるのが油そばです。

これでこそ、油そばです。

ちなみに、この油そば、僕の仲良い油そば先輩(油そばにはまってしまい食べ過ぎた結果、油そばのせいで20キロ以上太った油そば男)も美味しいと認めました。

ハノイでこんな美味いホンモノの油そばを食べられるのは、多分この喰龍だけです。

他にあったら教えて欲しいです。

油そばが好きな人はぜひ行ってみてください!はまること間違いなしです。

んじゃ、今日はこの辺で。

またね〜