経験者の僕がベトナムでの海外インターンをオススメする3つの理由

ベトナム

海外インターンへ行くならベトナムを全力でオススメする

最近、大学を休学する学生も増えてきたように感じます。

僕的に国立大学の学生なら、休学はメリットしかないので、絶対にしたらいいと思ってます。(ここに関しては別記事でまとめます)

休学をして何をするのか、色々選択肢はあると思いますが、海外インターンという道を選ぶのはめちゃくちゃ大賛成です。なぜ、海外インターンがそんなに良いのかというのも、また別記事でまとめるとして、今回は海外インターンをしようと考えている人に向けて記事を書きます。

海外インターンをすると決めた後に悩むことは、働く国をどこにするかということやと思います。

アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど、選択肢は色々ありますが、僕はベトナムという国で海外インターンすることを全力でオススメします!

実際に僕は2年前大学を休学して、ベトナムの現地IT企業で海外インターンとして働き始めました。そして、1年間現地のIT企業で働いた後にベトナム人たちと一緒にチームでサービスを作り始め、今年4月にサービスβ版をリリース、7月に起業・独立と至ったわけです。(この辺もまた詳しく記事にまとめよう…)

そんなベトナムでのインターン経験者の僕が、自分の経験を踏まえてオススメする大きな理由を3つまとめてみました。どうぞ!

1、経済成長が著しい若く熱い環境で働ける

ベトナムはここ最近20年以上毎年5%以上のGDP成長率を記録しており、国がどんどん成長している真っ只中です。僕が初めてベトナムへ行った3年半前に比べても、今の街は全然景色が変わりました。ここ最近なんて、気づいたら新しいビルやショッピングモールがどんどん建てられています。これはタイなどの他のASEAN諸国をも凌ぐ成長率であり、ベトナムがASEANのリーダーになるのは間違いないと僕は確信してます。

そのようなものすごいスピードで国の変化を感じられることは日本ではまずあり得ないでしょう。

だって、日本は20年前からGDPがほとんど成長してないですからね。

さらに、ベトナムの平均年齢は約30歳と、日本の約46歳より遥かに若いです。この差は実際にハノイに暮らしていたらめちゃくちゃ感じます。まずお年寄りが少ないし、何よりもめちゃくちゃ子供が多いです。日本に時々帰ってきたら、やはり子供の少なさを痛感します。

ベトナム人は愛国心が強く、本気でベトナムを世界で戦える国にするために仕事をしている人がたくさんいます。国の成長のために仕事をしている人が多いと僕は感じます。

そのような若く熱意を持った人が多い環境で、実際に国の成長を感じながら働ける環境は、世界でも有数ではないでしょうか?

そんな環境で働く経験は日本ではまずできないでしょう。だからこそ、ベトナムで働けば海外に出て働く意味がより強くなると思うのです。

2、生活が楽で学習・成長しやすい環境

1つ目の理由は調べれば誰でも分かる情報に自分の経験で補強した感じでしたが、2つ目以降は経験したからこそ分かる理由を紹介します。

それは生活環境・労働環境・学習環境がすごく良いことです。

生活環境ですが、まず料理がめっちゃ美味いです。特にハノイの料理は日本人の口に合います。中国が近くにあり、中華料理の影響を受けていることもあると思います。素材の味を生かしたサッパリした料理が多く、アジア料理が苦手な人でもとても食べやすいとです。それでも、ベトナム料理は味がワンパターンなこともあり、少し飽きやすいです。そんな時にいつでも日本料理が食べられるのがまた良いところなのです。ハノイやホーチミンには日本料理屋も多いですからね。

また、ベトナムは親日なので、街のベトナム人達は基本的に親切で優しいです。それがまたすごく有難いんですよね。

何か必要なものがあれば、都市部ならすぐに手に入るし、本当にハノイで生活に困ることはほとんどないと思います。

空気は悪いし道路の渋滞はひどいという2点だけはマイナスですが、僕個人的には日本よりもハノイの生活の方が楽で好きです。日本人にとってベトナムは本当に住みやすい国やと思うのです。

そして、労働環境。仕事は定時退社が基本の超ホワイトです。ベトナム人は仕事も良いけど、プライベートを大事にするという考えがあるからです。なので、仕事に精を出しながらも、しっかりプライベートも楽しめちゃうのです。(現地日系企業は例外あり)

そして、学習環境として、勉強・作業に適したカフェがいっぱいなことが超魅力的です。

ベトナムのカフェは基本的にWi-fiとコンセントは完備してます。しかも、こんな感じのおしゃれなカフェもめっちゃ多い。

オシャレなカフェで気分よく、仕事や勉強に励むことができるのが最高ですよね。

ただ、子供が多い国ということもあって、店によっては店内がめちゃくちゃうるさいこともあるので気をつけてください。。

また、ベトナム自体はベトナム語を話す国ですが、外国人観光客や在住者も多いですので、英語を勉強したい人にとっても英語学習できる環境は整ってます。まさにやりたいことがあれば、なんでも挑戦できる国。それがベトナムなのです。

3、ベトナムで働くことは将来の財産に繋がる

僕はベトナムは日本のベストパートナーになる国やと確信しています。日本が世界で戦っていくために、ベトナムの協力は必須です。そう思う理由はたくさんあるのですが、まず文化と国民性やと思ってます。

ベトナムと日本の文化は相性がめちゃ良いです。国民性も似てるので、ベトナム人達とは基本的に気が合います。その上、高いIT技術力、ビジネススキル、向上心を持ち合わせているので、一緒に仕事していく仲間としても最高です。

ベトナムで働けば、そんなベトナム人や企業とリアルな信頼できる繋がりを作っていくことができます。その繋がりはこれからの未来で絶対に自分の財産となって活きてきますよ。これからの人生を一緒に生きていき、一緒に世界で戦っていくパートナーができるのです。

また、ベトナムには多くのビジネスチャンスが眠っています。それはベトナムがまだ成熟していない国やからこそのものです。ベトナムに住めば、日本では感じない色んな不便を感じると思います。

それが全てビジネスチャンスなのです。ベトナムで過ごす何気ない日々を、大事に過ごしてください。

挑戦したい熱い心を持っているなら、そのビジネスチャンスにぜひトライしましょう。日本で挑戦するよりもはるかにチャンスは大きいですよ。本気で世界を目指すなら、日本よりもベトナムで始めるのが最適解やと僕は信じてます。(この辺もまた今度記事にしよう)

 

以上が、僕がベトナムで海外インターンすることをオススメする3つの大きな理由でした。

あと大前提としては、ベトナム現地企業でのインターンをオススメします。そのほうが絶対におもろいし良い経験になるからです。

またベトナムで海外インターンしたいけど、どうやって良い企業見つけたら良いかわからなくて困ってる人は僕に相談してください。このサイトの問い合わせか、TwitterのDMとかで連絡ください。あなたに合ったベトナムの企業を紹介してあげますよ。

ただ、これは一切利益の為にやることでなく、ベトナムで挑戦する若者を増やす為にやることです。なので、正直この対応にあまり時間は割きたくないです。だから、相談したい人は”自己紹介”、”経歴”、”自分のスキル・出来ること”、”ベトナムで何をしたいか”などをちゃんとまとめて送ってください。それを見て、いくつかのベトナム企業に打診しますので。よろしくお願いします!

という感じで、これからまたブログを頑張って更新していこうと思ってます!

コメントとか応援してもらえるとやる気出るのでお願いします!Twitterからでも気軽に絡んでください!

んじゃあ、今日はこの辺で。またね〜